ウーマン

顔を小さくしたいならボトックスエラ治療が最適【効果の高さを紹介】

  1. ホーム
  2. ボトックス治療のコツ

ボトックス治療のコツ

看護師

効果を引き出すテクニック

ボトックスエラ治療は、今密かなブームになっているほど人気の美容整形です。ボトックスエラ治療では、顔のエラ部分にボトックス製剤を注射することで、フェイスラインをスッキリシャープに変えることが出来ます。メスも使わず注射器1本、しかも施術は10分足らずという簡単な治療で、大掛かりな美容整形手術と同じような小顔効果が得られる人も続出。変化は徐々に現れるので周りの人にも気付かれにくく、いつの間にか痩せてキレイになったと感じてもらえるのも大きな魅力です。そんなボトックスエラ治療を受ける時に、知っておくと良い点をまとめてみましょう。ボトックスエラ治療はとても効果の高い治療ですが、効果を維持するために定期的に注射を受けることが必要です。クリニックに通う上で、ボトックスの効果をより長く持続させるためのポイントは大事ですよね。ボトックス注射の持続期間には個人差がありますが、平均的に3〜6ヶ月ほどと言われています。とは言え、3ヶ月と6ヶ月とでは倍の違いがあるわけですし、長く保たせられればそれだけおサイフにも優しいのが事実。少しでも長く保たせるためには、施術を受けた後の日常生活にもちょっとしたコツがあります。まず、施術した箇所は、薬剤によって筋肉がリラックスしている状態。これを維持するためには、その周辺も含めて、あまり筋肉は動かさないようにしたほうが良いでしょう。弛緩している状態でムリに稼働させようとすると、せっかくの効果を薄める要因にもなります。もちろんエラの筋肉は物を噛むときに動かす必要がありますし、普段の食事で支障が出るようなことはありません。ただ、あえてガムを噛んだり、硬いものを選んで食べたりする必然はありませんよね。例えばアタリメのような固い食べ物を長時間噛み続けるなどは、せっかく受けた美容治療とは相反する行為でしょう。また、注射した箇所はマッサージするのも避けるのが基本中の基本。直後は拡散を防ぐためにも注意を受けますが、マッサージは筋肉に直接刺激を与えるため施術後一定期間が経過するまでは止めておくべき。最低限、施術後1週間は控えたほうが無難です。マッサージするつもりがなくても、メイク落としや洗顔、基礎化粧などで無意識に力が加わる事も多いですから、デリケートに対応しましょう。注射部位を下にして寝るのも、圧迫になるので避けたいですね。